vol.29

INFORMATION

働く環境

  • 福利厚生
  • 教育研修制度

福利厚生

[制度]

住宅資金融資、退職年金、財形貯蓄、社員持株会(10%奨励あり)、

収入保険制度、定年再雇用、ベネフィットステーション、カフェテリアプラン

(90,000ポイント)

[枝豆会(社員親睦団体)]

各種クラブ活動 等

[施設]

独身寮、借上社宅(研究農場、本社外の拠点)、トレーニングジム、食堂(本社)等
※独身寮、借上社宅は総合コースのみ利用可

教育研修制度

「企業の未来は人材で決まる」という考え方を基本にし、【教育3原則】に基づき適性に応じて各自の能力を向上させる教育を実施。自社の発展、さらには社会に役立つ人材の育成を目指しています。長期的な人材育成に主眼を置き、若い力をじっくり育てながら、力をつけた方には活躍の場を積極的に与えていきます。

教育3原則

  • 開かれた機会と
    チャレンジの原則
  • 現場主義の原則
  • 自己投資の原則

研修内容

主な研修について一部を紹介します。

[ 新入社員研修 ]

全新入社員を対象として入社後に実施する基本的なビジネスマインド・マナーや会社組織などについての研修です。

[ 新入社員農場研修 ]
(本社勤務総合職対象)

入社1年目に研究農場にて春~夏、秋の2期に分けて計4ヶ月間にわたり実施します。技術系社員のもと作物の栽培方法や品種特性といった基礎的な専門知識の習得を図ります。

[ 入社3年目研修 ]

入社3年目を社会人生活のターニングポイントと位置付け、入社以来の振り返りと今後の行動指針について考えます。

[ 階層別研修 ]

資格等級の進級ごとに受講する研修です。各等級で期待される役割・能力・姿勢に応じた内容で実施します。

[ アセスメント研修 ]

管理職への進級候補者を対象として実施します。外部講師により管理職としての能力・適性を客観的に評価することを目的としています。

[ 新任管理職研修 ]

新任管理職社員を対象として実施します。管理職として求められる役割の認識や問題解決の手法などを学びます。

[ キャリア研修 ]

部署・性別・役職などを問わず50歳代を対象として実施します。これまでの人生を振り返り、プライベートも含めたこれからの方向性について多角的にじっくりと考える機会を提供することを目的としています。

[ 部門別研修]

営業や研究といった職種ごとに、例えば営業力や商品開発力の強化など目的を特化して実施する研修です。