先輩社員インタビュー

INTERVIEW

国内営業

桑辺 光

中国語専攻
九州支店
2009年入社

学生時代夢中になったこと :

中国語

タキイ種苗との出会いは、就職活動中の合同説明会です。タネの会社という不思議なジャンルに魅せられました。入社の決め手は、先輩社員と面接以外で話せたこと。いろいろなお話を聞かせて頂くなかで、今まですごく遠く感じていた会社との距離がどんどん近くなっていったことを覚えています。

入社後、自社農場で研修を行ったことです。営業配属でしたので、現場にすぐ出るのかと思っていたのですが、研修期間のしばらくの間農場で実際に農作業をしました。まさか農作業をすることになるとは思いもしませんでしたが、農家の方々の気持ちを少しでも分かることができたので、非常に良い経験になったと思っています。

現在は、九州支店に在籍し、長崎県・宮崎県の営業を担当しています。具体的には、販売店様を回るルートセールスが基本ですが、生産者の方々のところや、市場などにも訪問し、広い視野で自社商品を見れるように心がけています。

小さなやりがいかもしれませんが、スーパーなどに行って自分が営業を行っている産地の野菜や、自分が導入した品種の野菜が売られていたりすると、仕事のやりがいを実感できます。

大分県を担当をしていた時のことです。大分には「根深ネギ」の産地があるのですが、そこにはタキイの品種は少ししか入っておらず、あまり産地にも訪問していない状況でした。訪問を重ね品種の問題点や産地の状況が分かるにつれ、少しずつタキイの品種も取り入れて頂けるようになったんです。基本的に1年に一回しか結果が分からないタネの世界で、品種を導入する難しさや喜びを教えて頂き、貴重な経験の一つになりました。

「一粒のタネから広がる未来」。私が好きなタキイ種苗のキャッチフレーズがあります。作物を作るにはタネが必要。今までも、そしてこれからも人間が生きていくうえで、タネは欠かせないものだと思います。タネの会社であるタキイ種苗は、世の中で活躍が見えづらいかもしれませんが、絶対に必要な存在だと思います。

これまでは国内営業として現場を中心に仕事をしてきましたが、今後はこれまで現場で見たり学んできたものを活かして、海外でも仕事をしてみたいと考えています。

6:00
起床
7:00
出勤
8:00
出社
9:30
社内会議
10:30
見積作成
12:00
昼食
13:00
資材メーカー来客対応
19:00
退社
20:00
帰宅

福岡県は食べ物が本当においしい地域。ここにきて3年になりますが、休日には食べ歩きをして、リフレッシュしています。

就職活動は誰にとっても人生の一大イベントだと思います。この時期に一杯悩んで、苦しんでください。その結果自分で決めた就職先であれば、悩み、苦しんだ分就職しても一生懸命頑張れると思います。

その他の事務系社員インタビュー