先輩社員インタビュー

INTERVIEW

国内営業アシスタント

伊澤 麗子

経済学部 経済学科
中部支店
2012年入社

学生時代夢中になったこと :

環境経済学ゼミ、バドミントンサークル

もともと「食」に興味があったことと、ガーデニングが趣味の母親からの勧めで説明会に参加したことがきっかけでした。説明会で聞いた?この世になくてはならいない会社”という言葉に心を動かされ、入社前に個別にお会いした先輩社員数名の生き生きと働く姿に憧れをもち、入社を決意しました。

繁忙期と閑散期の差が激しい会社だと感じました。春から夏頃にかけては特に出荷のピークで、お客様からの電話や注文も非常に多くなります。ただそれでも残業することは月に数日程度で、ほとんどのスタッフ職社員は定時に退社しています。また、食堂のご飯がメニューも豊富で想像以上に美味しいことも嬉しい驚きでした。

京都本社内の中部支店で営業アシスタントとして長野県を担当しています。電話やFAXによる注文の受注入力や、見積もり作成、問合せ対応が主な業務です。取扱っている商品が、野菜・花・牧草種子、苗や球根、農業資材と多岐にわたるため、幅広い知識が求められ、優先順位を考えて臨機応変に対応していく力が必要です。

単純ですが、お客様から「ありがとう」のお言葉を頂くときが1番嬉しく感じます。担当が変わると、お客様も初めは不安に思われているように感じますが、少しずつでも信頼していただけるよう丁寧な対応を心掛けるうち、「いつもありがとう」や「声が聞きたかった」と電話をかけてきて下さると、やっていて良かったと思います。

1年目の時、お客様がどうしてもその日に必要だった資材商品の発注を誤ってしまい、メーカーの出荷締切時間も過ぎていた為どうしようもなく謝ることしか出来ない状況の中、支店の先輩・上司が、それぞれのお客様へ在庫がないか確認のお電話をかけて下さり、何とか見つかり無事に商品をお届けできたことです。確認ミスを反省すると同時に、チームで解決しようという上司の言葉が強く心に響きました。

生きる上で欠かすことの出来ない「食」を根底から支えるかけがえのない会社だと考えます。目には見えませんが、スーパーに並ぶ野菜の中でトマトやナスは国内シェア50%を誇り、私たちの食生活と密接に関わっています。おいしさと栄養の両方を兼ね備えたファイトリッチ野菜など、常に時代の先を見据えた品種開発で、これからも世界中の人々に必要とされる会社だと思います。

これまで営業部門で働く中で、お客様のご要望に少しでも満足して頂けるような回答が出来るよう、仕入部門の方にたくさん協力して頂きました。営業にいる間は少しでも販売につなげられるよう、自らも商品知識を増やして様々な角度からお客様へ提案していきたいと思います。また今後他部署へ移ることがあれば、これまでの経験を生かして、営業の力になれるような仕事をしていきたいと思います。

6:00
起床
7:00
出勤
8:20
出社
9:00
朝礼
資材・園芸商品の発注、問合せ対応
12:00
社員食堂にて同期と昼食
13:00
種子の受注入力、問合せ対応
16:00
見積書作成、翌日の準備
18:00
退社
19:30
帰宅
23:00
就寝

家族や友達と美味しいご飯を食べに行ったり、季節の花を見に行ったりして過ごしています。最近ではタキイの品種を使用したレストランもあり、見つけた時は嬉しくてついいろんな人に報告してしまいます。また、最近始めたハンモックヨガも趣味の一つになっています。

就職活動はこれまでの自分の人生を振り返り、今後どのような働き方、人生を過ごしていきたいかをじっくり考える良い機会です。是非いろんな企業の説明会へ足を運び、話を聞いて視野を広げてほしいと思います。焦らず、比べず、諦めず、自分を信じて進めば必ず結果はついてきます。笑顔を忘れず頑張って下さい。応援しています。

その他の事務系社員インタビュー