先輩社員インタビュー

INTERVIEW

開発

桑田 なつみ

農学部 地域生態システム学科
開発部
2008年入社

学生時代夢中になったこと :

農業系のサークルでの活動

大学時代に出会った農家さんに対する憧れと尊敬から農業に関わりたいと思っていました。 そんな中、たまたま参加した合同企業説明会でタキイと出会い、「ここだ!」と感じました。 種子という農業の源を扱う会社であれば幅広く農業に関われると考えたこと、選考過程で温かみを感じたことが入社の決め手となりました。

種子という「植物」を扱う仕事というイメージが強かったのですが、会社に入ってから全ては「人」で成り立っているんだなと改めて実感しています。 1人1人の仕事が日々を支え、何かをチャレンジするのも「人」、新しく仕事が広がるきっかけも「人」です!"

開発部は、産地にタキイ品種を導入して広く普及させていくための部署です。そのアプローチの仕方は様々で、メンバー1人1人の活動内容も多岐にわたります。 私は、現在、機能性野菜「ファイトリッチ」を普及させるため、産地・市場・量販店・企業といった様々な職種の方と協力し、消費者に「ファイトリッチ」の野菜を届けるための提案を行っています。

タキイの品種や提案でお客様とwin-winの関係になれた時にやりがいを感じます。 お客様は時によって生産者であったり消費者であったり、食と農業に関わる全ての方です。

初めて産地の方が自分を覚えてくださって、「また来たね」と言ってくださったとき、単純にとてもうれしかたことを覚えています。 一方で、タキイの品種で産地にご迷惑をかけてしまったとき、生産者の方から厳しい言葉をいただいたことがあります。 種子は信用の商売、責任の重さを強く実感しました。

種苗は、源、なくてはならない縁の下の力持ち的な存在です。 時には品種で農業や世界も変える可能性を秘めています。 また、高品質種子の供給という社会的責任のある会社だと考えています。

野菜の消費の仕方も近年変わってきていますし、生産現場でも農業への新規参入や高性能設備の導入など変化が見られます。 そういった変化にいち早く対応した提案を行っていきたいです。 あとは、やっぱり畑にいるのが好きですので、品種改良にも直接関わってみたいです。

6:30
起床
8:00
出勤
9:00
メールチェック
10:00
講習会用資料・社外向け資料の作成など
12:00
昼食
13:00
イベント準備・電話対応など
16:00
出張準備
18:00
退社
19:00
休憩
20:00
夕食
21:00
テレビ
22:00
お風呂
23:00
考え事
00:00
就寝

休日は何かと用事を作って出かけることが多いのですが、 習慣となっているのが「ホットヨガ」と「コーヒーを飲んでのひととき」です。 ホットヨガは素敵な先生と出会いずっと続けています。 また、コーヒーが好きなので、お気に入りの喫茶店でおいしいコーヒーを飲みながら読書をするのもリフレッシュの時間です。

私の学生生活の唯一の心残りは、留学や海外経験をしなかったこと。「今」を大切にしてたくさんのことにチャレンジしてください。就職活動では目の前に広がる多くの選択肢に迷うことも多いと思いますが、じっくりと自分を見つめ直し、 会社に「選ばれる」のではなく、自分が「選ぶ」という意識で臨むことがとても大切だと思います。

その他の技術系社員インタビュー